アトピー治療NAVITOP > アトピーの原因とは? > アトピー性皮膚炎の遺伝的な要因とは?

アトピー性皮膚炎の遺伝的な要因とは?について

 

みなさんは、アトピー性皮膚炎の遺伝的な要因って、何だと思いますか?

 

現時点で、アトピー性皮膚炎発症の原因は、不明とされているのです。

 

つまり、何が要因になっているのかが、はっきり分かっていないという事なのです。

 

よって、完全な治療方法も、確立はされていないのが現状なのですから。

 

ただ、全く何も判明していないわけでは、ないのです。

 

アレルギーが、大きな要素になっている事は、間違いないと言われているのです。

 

即時性のアレルギーと遅延性のアレルギーが、両方とも影響を及ぼしているのが、近年のスタンダードな解釈なのです。

 

アトピー性皮膚炎の主な要因と考えられているのは、遺伝的な要因と環境要因なのです。

 

遺伝的な要因に関しては、かなり昔から指摘されていて、一時は完全な遺伝病として扱われていたのです。

 

今では、それだけではないという考えが定着しているのですが、遺伝が要因の一つである説は、揺るぎがないのです。

 

遺伝が要因としては、つまり両親の体質をそのまま子供が受け継ぐのです。

 

両親が、幼少期にアトピー性皮膚炎で悩んでいた場合に、子供にもその症状が現れる可能性が、かなり高いのす。

 

よって、子供が生まれた時には、あらかじめ自分や配偶者が、アトピーで悩んでいたかどうかを確認しておけば、その後の治療をスムーズに行う事ができることでしょう。

 

この遺伝の要因は、1990年代に確立したバリア機能の欠陥という研究結果より、完全に肯定されたのです。

 

セラミドの形成に関連するたんぱく質の欠陥が、要因とされていて、それが遺伝による要因と繋がっているのだです。

 

 

アトピーの原因とは?記事一覧

アトピー性皮膚炎の遺伝的な要因とは?

みなさんは、アトピー性皮膚炎の遺伝的な要因って、何だと思いますか?現時点で、アトピー性皮膚炎発症の原因は、不明とされているのです。つまり、何が要因になっているのかが...

アトピー性皮膚炎の環境による要因とは?

みなさんは、環境によるアトピー性皮膚炎の要因について、何か知っていることはありますか?元々は、遺伝する病気として認知されていたアトピー性皮膚炎です。しかし、それだけ...