アトピー治療NAVITOP > アトピーの症状について > アトピー性皮膚炎の幼少期の症状について

アトピー性皮膚炎の幼少期の症状についてについて

 

みなさんは、アトピー性皮膚炎の幼少期の症状がどんなものかご存知ですか?

 

たくさんの人が、幼少期に苦労した経験があるアトピー性皮膚炎ですが、その症状はいろいろです。

 

一般的には、かゆみで悩まされる場合がほとんどかと思うのですが、それだけがアトピー性皮膚炎の症状ではなくて、その為、治療方法も確立しにくいのが現状なのです。

 

また、幼少期とそれ以降でも、主な症状には、だんだん違いが出てくるのです。

 

幼少期に、よく現れるアトピー性皮膚炎の症状は、全身の湿疹なのです。

 

頭部から四肢まで、体のいたる所に、湿疹が発生してきます。

 

重度になれば、全身が赤くただれてしまって、かなり辛い状態になるのです。

 

顔面全体が、赤く腫れ上がる場合も少なくないのですよ。

 

この他にも、耳たぶのあたりが裂ける症状、すなわち耳切れもかなり多く見受けられるのです。

 

耳たぶと耳本体が、離れるような感じなのです。

 

ちぎれる事はないのですが、頻繁に裂けるので、ここから細菌が入り、熱を出すなどの症状がよく発生するのです。

 

幼少期における特徴は、湿潤型の湿疹が見られる点が挙げられるのです。

 

湿潤型の場合には、特に発生しやすいのは、汗腺が多い箇所なのです。

 

つまり、汗をかきやすい場所の事ですね。

 

その為に汗疹と間違われる事も、少なくないのです。

 

例えば、首周りや関節の裏という場所が、非常に多いのです。

 

また、こういう箇所に湿疹ができると、かきやすいので、幼児が事ある毎にそこをかきむしって、症状を悪化させる状況も、とても多いのも現状です。

 

よって、治療方法の一環としては、子供が患部をかかないようにする方法が、まず1番に検討されているのです。

 

 

アトピーの症状について記事一覧

アトピー性皮膚炎の幼少期の症状について

みなさんは、アトピー性皮膚炎の幼少期の症状がどんなものかご存知ですか?たくさんの人が、幼少期に苦労した経験があるアトピー性皮膚炎ですが、その症状はいろいろです。一般...

アトピー性皮膚炎の幼少期以降の症状は?

あなたのお子さんはアトピー性皮膚炎ではないですか?ほとんど場合、アトピー性皮膚炎は、子供の頃、すなわち幼少期に完治するのです。これは、治療によるものよりは、抵抗力等...

アトピー性皮膚炎と合併症について

みなさんは、アトピー性皮膚炎にも合併症って、あると思いますか?病気とは、基本的に厄介ですが、その理由の一つに、合併症の存在が挙げられますよね。一つの病気が発症して、...