アトピー治療NAVITOP > アトピーの基礎知識 > アトピー性皮膚炎の検査の種類について

アトピー性皮膚炎の検査の種類についてについて

 

あなたは、アトピー性皮膚炎の検査について、何を知っていますか?

 

ただの皮膚炎かそれともアトピーかを判断するのはなかなか難しいのが現状です。

 

しかし、それでもアトピーに関しては、たくさんの検査方法が確立していて、これにより限りなく精度が、向上しているのです。

 

どの方法を実践するのかは、医師の判断になりますが、基本的には症状や対象者の状態に沿って、決定してその上で治療方法が検討されるのです。

 

では、その方法について、ここでは見ていきましょう。

 

最も、一般的なアトピーの検査方法は、「血液検査」になります。

 

この血液検査で、「IgE・RAST検査法」を調べる事になるのです。

 

その為に、血液検査という言い方ではなくて「IgE・RAST検査法」という呼び方をされる事もあるのです。

 

IgE値とは、簡単に説明すればアレルギーの抗体の一種のことです。

 

簡易アレルギーテストとして、この値を検査する事によって、アトピー性皮膚炎である診断をする事ができるのです。

 

尚、IgEは、たんぱく質の一種になります。

 

この他にも、パッチテストやスクラッチテストと呼ばれる方法もあります。

 

パッチテストは、肌にアレルゲンを貼り付け、反応を調べるアレルギーテストの一種のことです。

 

これだけでは、アトピーと断言できないので、基本的には補助的な役割を担っているテストです。

 

スクラッチテストも同様で、こちらは皮膚をアレルゲンで浸した針で、傷付けて反応を見るテストです。

 

同じくアレルゲンを使用するテストとして、皮内テストというのも挙げられます。

 

これは、直接注射でアレルゲンを体内に注入します。

 

上記の2つよりも、結果が鮮明に出るのが特徴的で、早く治療したい人には、お勧めの方法なのです。

 

また、食物除去試験もあるのです。

 

これは、食物の中に、アレルゲン物質があるのではという疑念がある場合に、その食物を摂取しない生活をしてもらうものなのです。

 

最も、安全なのですが、特定には、かなりの時間がかかってしまいます。

 

これを行った後、アレルゲンと思う物質を含んだ食物を微量ずつ与えて、アトピーが発生するか否かを検査していきます。

 

これは、負荷試験と言うものです。

 

 

アトピーの基礎知識記事一覧

アトピー性皮膚炎の診断について

みなさんは、アトピー性皮膚炎の診断について、どのように思っていますか?皮膚の疾患には、たくさんの種類があって、その数だけの原因があるのです。よって、皮膚が赤くなって...

アトピー性皮膚炎の検査の種類について

あなたは、アトピー性皮膚炎の検査について、何を知っていますか?ただの皮膚炎かそれともアトピーかを判断するのはなかなか難しいのが現状です。しかし、それでもアトピーに関...

アトピー性皮膚炎は治せるのか?

あなたは、アトピー性皮膚炎は治せると思いますか?医師に診断してもらって、アトピー性皮膚炎と判断されたからと言って、思い悩む事はないのですよ。たしかに、アトピーは、か...

漢方薬について

あなたは、漢方薬でアトピーを抑えるというのを聞いた事はないですか?漢方薬は、薬の中でも、特に副作用の心配が全く要らない点では、非常に重宝されていますよね。ただ、やは...

ビタミン剤・アミノ酸剤について

みなさんは、ビタミン剤・アミノ酸剤をアトピー治療に使用するって知っていますか?いろいろな治療薬が試されているアトピーに、ビタミン剤やアミノ酸剤の使用も、例として挙がっている...

温泉療法はいい?

あなたは、アトピーに温泉療法・・・と聞いた事、ありますか?温泉は、万病に効くとも昔から言われていますが、湯治は、実際にかなり効果の高い治療法なのですよ。その為に、皮...