アトピー治療NAVITOP > アトピーの治療について > 抗ヒスタミン薬について

抗ヒスタミン薬についてについて

 

みなさんは、抗ヒスタミン薬について、何を知っていますか?

 

抗アレルギー薬とも言われている抗ヒスタミン薬は、その効能により、3つの区分に別れています。

 

最も弱いのが、第二世代(II類)で、真ん中が第二世代(I類)、そして最も強いのが、第一世代です。

 

これらは、アトピー治療薬として、よく利用されているのです。

 

ただ、第一世代の抗ヒスタミン薬は、やや特殊になります。

 

というのも、抗アセチルコリン作用があって、それにより強い眠気や口の渇き・便秘などという副作用があるのです。

 

また、緑内障の方が、使用できないという制限もあるのです。

 

非常に強力な効果のあるアトピー治療薬となる一方で、使用できる人を選ぶ治療薬でもあるのですね。

 

例としては、ペリアクチン(シプロヘプタジン)やポララミン(マレイン酸クロルフェニラミン)という薬が、第一世代に該当するのです。

 

第二世代(I類)は、第一世代よりも副作用は弱めになりますが、やはり眠気などの作用があるのです。

 

また、痙攣やてんかんの悪化という副作用があり、これ等の症状が現在、出ている人は使わないようにする必要があるのです。

 

アゼプチン(アゼラスチン)やザジテン(フマル酸ケトチフェン)が、これらに該当しするのです。

 

第二世代(II類)は、I類よりさらに副作用が弱くて、痙攣の悪化という副作用もなく、安全に使えます。

 

アレジオン(エピナスチン)やタリオン(ベシル酸ベポタスチン)が、これらに該当しているのです。

 

これらの抗ヒスタミン薬は、アトピーの治療薬の中では、副作用が低めになっています。

 

その為に、利用できる人の範囲は、比較的に広いと言えるのです。

 

 

アトピーの治療について記事一覧

アトピー性皮膚炎の治療方法について

みなさんは、今までにアトピー性皮膚炎の治療をしてきたことはありますか?医学の発達で、この世の中のほとんどの病気に対しては、治療方法が確立されているのです。それは、例...

薬物療法とは?

あなたはのお子さんは、アトピー性皮膚炎の治療で、薬物療法をしていますか?皮膚疾患を患った場合に、基本となる治療方法は、「薬物療法」ですよね。当然、アトピー性皮膚炎の...

免疫抑制薬について

みなさんは、免疫抑制薬について、何か聞いたことはありますか?ステロイド以外のアトピー治療薬には、「免疫抑制薬」が挙げられるのです。免疫抑制薬・・・体内に発生している...

抗ヒスタミン薬について

みなさんは、抗ヒスタミン薬について、何を知っていますか?抗アレルギー薬とも言われている抗ヒスタミン薬は、その効能により、3つの区分に別れています。最も弱いのが、第二...

メディエーター遊離抑制薬って?

みなさんは、メディエーター遊離抑制薬って何かご存知ですか?メディエーター遊離抑制薬といえば、かなり仰々しい名前だから、相当効果の高いまた価格も高い薬なのではと、思われがちで...

抗痒・抗炎症薬について

みなさんは、抗痒・抗炎症薬について、何を知っていますか?皮膚の病気の中に、「皮膚そう痒症」という病気があるのです。これは、発疹はないのですが、皮膚に激しいかゆみが発...

NSAIDsについて

みなさんは、「NSAIDs」をご存知ですか?聞いた事はないですか?NSAIDs・・・非ステロイド抗炎症薬と呼ばれている薬。その名の通りで、ステロイドではない抗炎症薬...

局所麻酔薬を使う?

みなさんは、アトピーによるかゆみに絶えられない時はないですか?かゆみを抑える方法は、主に炎症の緩和が、挙げられますよね。また、炎症を生む物質の発生を抑える薬も、併用...